お部屋のセンスアップに活かす!カーテンの上手な使い方

2016年04月22日

何を基準にカーテンを選ぶ?

お部屋のカーテンを選ぶ時、あなたはどんな風に選んでいますか。好きなカラーや柄で選ぶ人もいれば、ミラーレースや消臭機能などの機能性で選んでいる人、価格を気にして選ぶ人もいますよね。もちろん選び方は人それぞれでいいのですが、せっかくならカーテンを使ってお部屋をセンスアップしてみませんか。カーテンはお部屋の中で大きな面積を占めるものですので、上手に使えばお部屋の雰囲気をグッとアップさせることができますよ。

レースとドレープの位置をチェンジ!

カーテンのオシャレな使い方として、レースカーテンとドレープカーテンの位置を逆にするという使い方があります。通常は窓ガラスに近い方にレース、部屋の内側にドレープという順に付けます。しかしこの順にすると、夜などドレープを閉めてしまう時にレースが見えなくなってしまいます。そこでお気に入りのレースカーテンがあるのなら、それを部屋の内側に付けることによって、両方のカーテンを閉めている時でも見えるようにしてみましょう。この時のポイントはドレープをシンプルなものにすることです。そうすれば、レースの模様がより映えて、オシャレに見えること間違いなしです!

カーテンは2枚一組が基本ですが

カーテンは2枚一組で販売されていることが多いのですが、部屋をオシャレにセンスアップさせるならこの考え方を変えてみましょう。左右2枚のカーテンをそれぞれ違うカラーや柄にしてみるのです。例えば、同じ柄で色違いのものや、同じ色で柄や質感の違うものであれば左右に共通性があるので落ち着いた感じにまとめることができます。また、自分のセンスを活かして全く違うものを組み合わせるのも面白いですね。インテリアショップやカーテン屋さんにはたくさんのカーテンが吊り展示されていますので、あなたの部屋をセンスアップされるいろいろな組み合わせを試してみましょう!

部屋の中を隠したいけれど、のれんだと少し重いかな..と感じたらひもカーテンをおすすめします。部屋の中を程よく隠し、風の通りも妨げません。隠しているのに軽やかな雰囲気です。