ホームページに人が山ほど集まって来る3種のSEO対策

2016年05月26日

多くの人が検索するキーワードを盛り込む

人がインターンで何かを検索するときに、必ずキーワードを入力します。そのキーワードに合ったインターンサイトが検索結果として表示されます。そのキーワードでより多く使われるものをホームページ内の記事に組み込むことで、検索されやすい状態にします。しつこく使ってしまうと、SEOに良くないホームページと判断されるので、あくまで自然な形で組み込みましょう。また、そのとき流行となっているキーワードを入れることもオススメです。検索されやすいキーワードを入れることが、SEO対策のファーストステップです。

ホームページの認知度を高めることをする

ホームページをただ作っても、誰かが見に来なければ意味はありません。だから、より多くの人に認知してもらい、訪れてもらうための仕事をする必要があります。人が多く集まってくるとSEO効果を生むので必ず取り組みましょう。その方法は、SNSの活用とコメント周りです。SNSはTwitterやFacebookを利用することで人を集めます。ホームページのリンクを張り、フォロワー数を増やせば読者を簡単に集められます。コメント周りは、同じテーマで取り組んでいるホームページに遊びに行き、その記事にコメントをします。同時にホームページのリンクを貼付けることで、見に来てもらえる可能性が高くなります。

価値ある内容をホームページで提供し続ける

どれだけ人が集まって来ても、どれだけ検索されやすいキーワードを入れても、内容が良くなければ十分なSEO対策にはなりません。だから、価値のある内容を意識して、更新し続けなければなりません。文章が長いこと、他では得られない情報が入っていること、定期的に更新されていること、これら3つが価値あるホームページを作り上げます。ホームページが価値あるものになれば、SEO側もそう判断し、検索順位を繰り上げます。これによって、より人が訪れるようになり、常にトップに検索表示されるようになります。

ホームページ作成とSEOはアクセス数を伸ばすために重要な関係性があります。SEOを学ぶことでより効率的にホームページを作成することができるでしょう。