入社した時に行う新人教育で学べるポイント

2016年11月25日

不安や悩みも教育担当者に相談しよう

会社での不安や悩みがあると仕事に集中できず作業効率が下がり困っていませんか?そんな時には新人教育担当者にどんな些細なことでもいいので相談してみてください。新人教育担当者は新人の仕事をカバーするだけではなく仕事の悩みや不安を一緒になって解決し親身になって話を聞いてくれますよ。また、相談することで教育担当者との絆がうまれて会社でも働きやすく仕事外でも仲良くなれる仲になれれば一石二鳥なのでぜひ相談してみてください。

教育担当者と仲良くなりたい

教育担当者や職場の方と仲良くなるには仕事外でのプライベートで遊んだり相談することで仲良くなっていきますが、会社では慰安旅行などの企画を立てて社員それぞれが仲良くなるための催し物が用意されています。慰安旅行では社員が話し合って行く場所を決めたり社長が行く先を決めますが、新人社員が積極的に行きたい場所を発言すると社長や教育担当者がなるべく新人の意見を優先しようと動いてくれるので行きたいところがあれば積極的に発言してみてくださいね。

研修で学んだことはしっかりと予習復習しよう!

社員研修では基本的な柱となる知識を教育担当者が教えてくれますが、仕事を長くしていくと最初に学んだことは徐々に忘れていくものなので、研修期間で教えられたことは必ずメモをして今後忘れることがないよう気を付けてください。また、メモを取りたくない方は自宅に帰って復習をして頭の中に刻み込んで忘れないよう心掛けて、今後学んでいく事を予習しておくと新人の中でも優位に仕事ができ先輩や上司から認められる日がいつかくると思いますよ。

社員研修の内容を理解するにあたり、社会的に信頼のおける企業の取り組みに目を向けることがポイントとして挙げられます。